京都市立日吉ケ丘高等学校

京都市立日吉ヶ丘高等学校の公式アカウントです。 「探究×キャリア」をテーマに、生徒・教員・学生ボランティア、一人ひとりが何を問い、何を考え、どんなことに取り組んでいるか、その過程を発信します。

京都市立日吉ケ丘高等学校

京都市立日吉ヶ丘高等学校の公式アカウントです。 「探究×キャリア」をテーマに、生徒・教員・学生ボランティア、一人ひとりが何を問い、何を考え、どんなことに取り組んでいるか、その過程を発信します。

マガジン

  • 企画部教員の部屋

    • 9本

    探究活動について,HELLO Village(英語村)での活動について

  • 進路部の部屋

    • 8本

    キャリア教育に関する取り組みを発信し、進路指導の新しい価値を提案します。

    • 企画部教員の部屋

      • 9本
    • 進路部の部屋

      • 8本

最近の記事

生徒記事:人口1万人の町、宮崎県都農町でまちづくりに挑戦!!!

 8月17日から19日の3日間、フィールドワークをしに宮崎県都農町に行ってきました!そこで学んだこと、感じたことを3日間の振り返りもしながら紹介していこうと思います。 きっかけは楽しめたらいいかなだったが・・・ まず、私がこの活動に参加しようと思ったきっかけなんですが、初めは旅行に行く感じで楽しめたらいいなと思って参加したんですが、事前学習などを通して、旅行に行くっていうより都農町のまちづくりに携われる、自分の意見が反映されて、より良くなっていくんだな、と感じられるようにな

スキ
7
  • 学生メンターの集い

    こんにちは!学生メンターのとよたです。 今回の記事では、日吉ヶ丘の学生メンターが前半どんなことをしてきたのか、後半どんなことをする予定なのかをメンター目線で書いていきたいと思います。 前半振り返り 今年はとりあえずやってみよう!と始めた年なのでまだまだ掴めないことも多かったですが、なんとか先生と生徒+学生がいるという環境を作ることができたのではないかなと思います。まだまだ手探りですがテーマ学習なども先生だけでなく、メンターが講義内容を一緒に考えて、実際に前に立って話すこ

    スキ
    2
    • 教員の評価規準を超えてくれ。

      暑い夏やなー。夏らしいイントロから始めようと頭に浮かんだのは T.M.Revolutionの「カラダが、夏にな・る!!」の曲でした。 世代ですね〜。 今では平和堂の歌まで歌ってる西川さん、俺を冷やしてくれ。 というわけで、企画推進主任こと、キカシンです!! 本校夏の目玉イベント「都農町フィールドワーク」についての、キックオフ記事↓↓ これ以来、記事書けてね〜。ってか、日吉の記事自体全然あがってね〜〜!って現状ですが、もうすぐ飛行機乗って出発ですので、事前学習をばーっと記し

      スキ
      8
    • 出張!テーマ学習「環境問題」

      出張!と言っても、、、校内で😅 こんにちは!とよたひなです🐥 今回は出張!ということで、日吉ヶ丘高校の取り組みの一つ、都農町フィールドワークに行く生徒向けに総合型選抜講座で行ったテーマ学習「環境問題」を行いました。取り組み内容は同じなので、前回の記事で割愛します↓ 今回参加したのは1、2年次生の22名でいつもの総合型選抜講座とは倍の人数ですが、あえて少人数班にして活動してもらいました。 同じ活動内容ではありましたが、出てきた意見はもちろん全然違う。それがテーマ学習を開い

      スキ
      10

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 企画部教員の部屋
      京都市立日吉ケ丘高等学校 他
    • 進路部の部屋
      京都市立日吉ケ丘高等学校 他

    記事

    記事をすべて見る すべて見る

      都農町フィールドワーク、キックオフ!

      こんこんちきちーこんちきちー おいでやす。企画推進主任こと、キカシンです。 祇園祭のお囃子が聞こえてくる季節になりました。 嘘です。ここは東山区の丘の上にある学校ですから。 聞こえるのは蝉の羽が擦れる音と、ゲリラ豪雨。 定期考査が明けまして、いよいよ都農町フィールドワークが動き出しました。 今回は1年生が6名。2年生が18名の24名が、様々な目的を持って全校生徒700名ほどの中から立候補して参加してくれます。 昨年度までは東京に行ってましたが、今回は宮崎県都農町へ。 東京

      スキ
      6
    • 国語の先生×中国語

       マガジンを読んでくださっている皆さま大家好。川頁です。プライベートな日記のつもりで書いていたのですが、これはマガジンに紐付けした方が良かろうと思いマガジンの中に登場しました。 英語村タレントショー  日吉ヶ丘高校は国際教育に力を入れていて、校舎の中に英語村と呼ばれる施設があるなど、英語を学ぶには最高の環境が整っていると思います。英語村と言っても絶対に英語を話さなければならないというわけではなく、英語以外の教科でも使うこともあります。生徒も自習に使ったり、お昼ご飯に使った

      スキ
      8
    • 話し合いの溝を覗く。

      こんにちは! 学生ボランティアの けい です! 今回は2回目の投稿ということでどのようなことについて書こうかと悩みましたが、とことん自分の思いを深めてみようということで、 前回(「話し合うってなにか。」)の記事に引き続き、 「話し合いの場」の在り方について、僕の少しの考えをお話しします。 総合型選抜対策講座の進捗前回より進んで、いよいよ講座は総合型選抜で実際に問われてくるようなテーマについて、「自分の想い」を想起させるための学習へと続きます。 「人権」から始まり、「つながり

      スキ
      4

      総合的な探究の時間で大切にしている2つのこと×国際協力編

       こんにちは。初めまして。企画部の元漁師Kです。元漁師Kは、ブルキナファソでの青年海外協力隊の経験を本校の総合的な探究の時間に活かしています。  日吉ケ丘高校は、HELLO Villageをプラットフォームに、英語教育だけでなく、国際教育に力を入れた教育活動を行なっています。  総合的な探究の時間の醍醐味は「リアルにつながる」ことができる点です。昨年度2021年度には、例えば、西アフリカで学校給食の栄養改善のためにプロジェクトを進めている方と直接連絡をとりながら実際に現地の

      スキ
      13
    • 自己満足感から見えた環境問題への取り組み方とは。テーマ学習「環境問題」

      ちょっと自己紹介 みなさんこんにちは!母校である日吉ヶ丘高校で学生メンターとして活動している、とよたひなです。私は現在教育学部2回生を全力で楽しみ、いろんなことをいろんな場所で学ばせてもらっています。 環境保全の取り組みって、めんどくさい。 日吉ケ丘高校の総合型推薦対策講座では、先生や学生メンターの中から担当を決め、高校生・学生・教員が共に学ぶ場でテーマ学習を行います。今回は私が担当した「環境問題」の企画から当日の様子、感想などを振り返っていきます! 企画を考えるにあ

      スキ
      10
    • 企画部のディレクター

      マガジン購読者のみなさま、はじめまして。 川頁と申します。 「企画部教員の部屋」のディレクターという謎の立場を貰っている者です。 誰ですか?という人は、下の記事を読んでください。  実名は出していないのですが、隠そうという意図があるわけではなく、元からそういうアカウントを持っていたというだけです。まあでも、一応このままペンネームで続けようと思います。誰だか分かってもほっといてください。 探究を発信する場を さて、なぜnoteを始めたか。それは、面白そうだったからです。進

      スキ
      3

      日吉ケ丘高校フィールドワーク×探究活動を短時間で効果100倍にする方法。

      Hey yo What's up !? 企画推進主任こと、キカシンです。 企画部と言えば、探究活動。 そして、フィールドワーク!! 今日は本校フィールドワークについてご紹介。 希望生徒(有志の生徒)に特別な体験をさせよう! そして、学校の推進力にしよう!! として始まったフィールドワーク。 2019年8月には、渋谷区の実践女子大で、大学生と近畿日本ツーリストの皆様にご協力のもとユニバーサルデザインや車椅子でもできる観光コースの提案。 東京都立国際高等学校では、ダイバーシテ

      スキ
      13
    • 居場所って誰かが誰かに与えるもの? テーマ学習「つながりと居場所」振り返り

      こんにちは。日吉ヶ丘高校 進路部のやまがみです。 日吉ヶ丘高校進路部では学生ボランティアと協働して、高校生・学生・教員が共に考える学びの場=総合型選抜対策講座を企画しています。毎回、運営メンバーの中から一人担当を決めて、その人が中心となって自身の問題意識や違和感、モヤモヤからテーマ学習を作っています。今回は僕が担当したテーマ学習「つながりと居場所」について、企画から当日の様子、その後の感想まで振り返っていきます。 「居場所が必要である」のその先 今回の学習会を企画するに

      スキ
      12

      ひよしがおかマガジン 5月のまとめ

      5月のふりかえり こんにちは!進路部のやまがみです! 早いものでもう6月🐸 みなさんはもう新しい環境には馴染みましたか? 僕ははじめて部長という立場になり、考えることの多い5月でした。 マネジメント、支えてくれる人との関係作り、応援してもらうために必要なこと、これまでの教員人生で経験したことがないことばかり試行錯誤の日々。 昨年度まではプレイヤーとしてこんなことやりましょう!あんなことしたら絶対面白いですよ!って僕の妄想をいろんな人に話しては、走り回らせてもらっていました。

      スキ
      6

      好奇心のまま

      自己紹介 初めまして! 大学1回生の石原沙弥です。 普段はこの春に卒業した日吉ヶ丘高校の学生ボランティアの他に、IVUSAというNPO団体でボランティア活動をしたり、グローカル人材開発センターでPBL(project based learning)という課題解決型プロジェクトに参加し忙しくも充実した毎日を送っています。 よく何の分野が得意?とか将来何になりたいの?と聞かれますが全くのノープランです。 格好つけていうとノープランが私のプランです。 今回は私が生きる軸にしている

      スキ
      9

      話し合うって何か。 学生ボランティアとしての気づき

      少しだけ僕のことはじめまして! 片桐 慶(かたぎり けい)といいます。 僕は、総合型選抜対策講座(前掲)の運営をお手伝いするボランティアとして、母校である日吉ヶ丘高校での学びに参加する学生の一人です。 現在は滋賀大学教育学部に通い、いわゆる教育学領域を専攻しています。この学習会を中心となって企画・運営されているやまがみ先生から学生ボランティアとしての学びにお誘いいただくご縁を得て、今に至ります。 総合型選抜対策講座を通してすでに2回の講座が終了しましたが、それはまさにはじ

      スキ
      9

      企画部のお仕事(簡略化した説明)

      こんにちは 盛り上げ隊長こと、キカシンです。 昨日の短い記事に引き続き、連続投稿です。 企画部の紹介をシヨウカイということですが、 概要がわかるようなホームページが無いのです。←これが勿体無い点。 まず、本校の育てたい生徒像 『世界をつなぐ越境者』 です。 これが、生徒・教職員にも浸透しています。 では、世界をつなぐ越境者ってどんな人!?っていうのは、また追い追い。 http://www.kyotocity-hs.jp/school/hiyoshi/pdf/hiyos

      スキ
      11